光の旅人K-PAXから愛をこめて♪


by takozchan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:*F1( 5 )

ジル・ヴィルヌーヴ

30日富士スピードウェイでの東京GPから一週間後の7日、北京GP決勝では台風15号の接近により断続的に雨が降り続き、ポールスタートから順調に首位を走っていたハミルトンが、30周目に右リアタイヤを破損してまさかのリタイア!!総合ポイントは首位をかろうじて守ったものの、フェラーリのライコネンが首位に踊りでて、4番スタートのアロンソは 2位に入り、優勝争いはこの3人に絞られ、2週間後の最終戦ブラジルGPで決着します。
相変わらず冷静に走っているハミルトンを見ながら、このままいける!と思った矢先のリタア・・・ブラジル戦が見ものです!! 実は、アロンソに勝ってほしい♪

お待たせしました!!
激しい走りでファンを魅了し、その突然の死ゆえに”伝説のドライバー”と云われた
ジル・ヴィルヌーブ をお届けします。

e0099756_20201897.jpg

この名前は、アイルトン・セナの時と同様、自らもF1申し子のようなKa~君から渡された、一冊の本から時空を超えて蘇ってきました。ジル・ヴィルヌーヴが死亡してから15年後の1997年、息子であるジャック・ヴィルヌーヴがF1のワールドチャンピオンを獲得し、父の果たせなかった夢を達成することに・・・ジャックは27番を付けて1995年のインディ500を制し、同年のCARTシリーズのチャンピオンにも輝く。。このジャックの素晴らしい走りを、当時Ka~君と一緒に見たものでした。
親子の同じ夢・・何かくすぐったい気がします。

富士の悲劇!
*******************************
30年前の10月23日。。
第17戦日本GP(富士スピードウェイ)では、序盤に第一コーナーへの進入で、前方のロニー・
ピーターソンのティレルに追突。ヴィルヌーブのフェラーリは宙高く舞い上がり、立ち入り禁止
区域にいた観客らの中に落下するという大事故を起こす。マシンは大破し、ヴィルヌーブは
奇跡的に無傷だったが、カメラマンとマーシャルの計2名が死亡、重軽傷者9名という惨事を
招いた。この悲惨な結果は、進入禁止エリアで観客が観戦し、警備員が再三の撤退を促して
いた中で起きたものである。しかし、当時日本ではモータースポーツへの理解が低かったこと
もあり、ヴィルヌーヴは過失致死の容疑で書類送検される事態となり、日本からの永久追放
処分となった。この事故も一因となり、日本におけるF1開催はその後1987年に鈴鹿サーキッ
トにて復活するまで、長きにわたり中断されることになる。
また、ヴィルヌーヴは日本を含む各国のマスコミから激しい非難に晒されたが、エンツォ・フェ
ラーリは「死亡事故は今までにもたくさんあった、これがF1レースの世界だ」と彼を擁護。

e0099756_2022118.jpg

******************
その時、私の脳裏に初めてジル・ヴィルヌーヴの名前が刻み込まれました。
それから遥か時が流れ、息子であるKa~君から、ジルの息子であるジャック・ヴルヌーヴの名を聞くことになるとは。。そして悲劇の死を迎えた父親ジルの名を。。。
ジル・ヴィルヌーヴについては、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B4 をご覧下さい。

そして、栄光の27番!
*****************************
ヴィルヌーヴが1981年から1982年にかけて付けたカーナンバー27番は、その後「偉大な番号」として愛され、フェラーリのエースドライバーを象徴するものとなり、ミケーレ・アルボレート、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、ジャン・アレジらが27番を受け継いで戦った。1990年には、前年度チャンピオンのプロストがフェラーリに移籍してきたため、ライバルのアイルトン・セナが27番を付けることになった。27番の伝統はミハエル・シューマッハが移籍してきた1996年に終わる。

e0099756_2023753.jpg

ジル・・永遠に♪
[PR]
by takozchan | 2007-10-08 20:24 | *F1

琢磨勇姿!!

                          9月28日(金)フリー走行 琢磨  HPより
e0099756_22183565.jpg

雨と濃霧の中、待ちに待ったF1日本グランプリは、彗星のごとく現れた驚異の新人、
ルイス・ハミルトンが、最悪コンディションのサバイバルレース67週を、一度もポール
を譲ることなく、冷静なレース運びで、30年ぶりの富士をついに制覇!!
2位に付けていた同僚アロンソは、残り26周で制御を失い、ヘアピンの側壁に激突して
リタイア。。やはり上を狙っていたマッサが、序盤に接触事故やペナルティーにあい、タイ
ムロスで後方に下がりながらも、最終周でBMWのクビサと抜きつ抜かれつのバトル!
手に汗を握る瞬間でした。
日本のスパイカー、山本左近は自己最高の12位で完走、 スーパーアグリ・ホンダの
佐藤琢磨は後半給油で炎上しハッとしましたが、無事15位完走でした。
琢磨はセナ、中嶋の姿を見てF1にあこがれ、レーサーになり、ここ富士で初めてF1に
触れたと聞きます。
スーパーアグリでの戦いは決して楽なものではないようですが、日本人の夢を乗せて
走る琢磨の活躍をこれからも期待します。そして、後に続く左近も!!
*****************
Ka~君から写真が届きました!!!
佐藤琢磨のマシーンがまん前に~確かに琢磨が乗ってます。。スゴイ!!!

 ↓クリックしてご覧下さい。
e0099756_22184100.jpg

e0099756_22285072.jpg

e0099756_22185816.jpg

e0099756_22305520.jpg

e0099756_22302188.jpg

★明日は、この富士スピードウェイと、かつて憧れのドライバー、ジル・ヴィルヌーヴとの
 悲しい想い出をお届けしたいと思います。

[PR]
by takozchan | 2007-10-02 22:20 | *F1
朝から冷たい雨。。。
午後1時には、どうか秋の青空が広がり、富士が美しく
微笑んでくれますように♪

e0099756_1039530.jpg

[PR]
by takozchan | 2007-09-30 10:40 | *F1

熱き闘い!!

いま始まる。。30年ぶり、富士スピードウェイでのフォーミュラ・ワン!
霧の中のFI日本グランプリ、新たな伝説へ・・・・。

日本のラストサムライ・佐藤琢磨&山本左近ガンバレ!!!!!
そして、スーパーアグリ、ホンダ、トヨタ!!!

Ka~君、ワクワク見てるだろうな。。。
自動部時代自分も走ったコースを~♪

明日、本番!!!

[PR]
by takozchan | 2007-09-29 14:09 | *F1

F1ベルギーGP

F1ベルギーGP決勝を見ていて、今は真夜中・・。明日お休みならではのことです。
フェラーリのライコネンと、マッサがワン・ツーフィニッシュを決め、佐藤琢磨は15位。
9月28日~30日は、いよいよ30年ぶりに富士スピードウェイで日本グランプリ!!
琢磨、いい走りをしてほしい~♪

気になるお店~恵比寿
e0099756_1245763.jpg

[PR]
by takozchan | 2007-09-17 01:44 | *F1