光の旅人K-PAXから愛をこめて♪


by takozchan
カレンダー

<   2007年 01月 ( 53 )   > この月の画像一覧

kyon便り~第1号

2007.1.31

kyon便り
e0099756_23301536.jpg

  ローマは深夜3時です。
  今のところ問題なくきています。
  飛行機では隣に韓国の女の子二人と同席で、
  時折話をしたり、座席毎にある映画をトータル5本見て
  快適なフライトでした。
  そして空港に到着後、急行電車に乗って間もなく、
  数少ない日本人の女の子に声をかけられ、同じような
  境遇で、話がはずみ、滞在先のテルミニ駅までの30分が
  あっという間。 最もスリの多いテルミニ駅からタクシー
  乗り場まで、彼女と一緒だったので、安心して無事ホテル
  に到着しました。
  明日はバチカンへ行く予定です。

  そうそう、問題といえばこのベッドと重い布団のせいで
  腰が痛く、なかなか深い眠りに入れず、今こうして
  メールをしているわけで~・・・

 ☆彡☆彡
  kyon、ローマ無事到着!!ヤレヤレひと安心。。
  では、皆さまおやすみなさい(-.-)zzzzz




*人気blogランキング*
click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-31 23:31 | *kyon便り
2007.1.31


梅 満開!!
e0099756_19581886.jpg

一週間で、書くことがなくなるのでは・・と、始める寸前悩んだのが、お陰
さまで今日で丸3ヶ月、何とか休まず辿りつきました。

これもご覧下さる皆さまお一人お一人のお陰さまです。
お顔は見えませんが、(見える方もいらっしゃいますが~笑)、心から
御礼を申し上げます。またコメントでも、応援団長はじめ皆さま、常に
励ましていただき、本当にありがとうございます。

今ブログ人口は爆発的に増えているようです。
昔は、本にして自分のメッセージを伝える、また投稿する等の手段でした
が、もっと気楽に、日々の生活の中から湧き出るメッセージを、タイムリー
に発信でき、しかもプラス写真、時には音も・・・と、またその先には、本に
することも出来るという、素晴らしいシステムに思います。

生前、eizchanが、私のスケッチ&エッセイ集をレイアウトし、出版してくれる
ことになっていました。今まで、果たされないままでしたが、今ブログから
新しい夢が生まれつつあり、楽しみが出来ました。

これからも、takochan目線で色んなものを見ながら、楽しくお伝えして
行きたいと思います。どうか懲りずに、よろしくお願いいたします。
石の上にも3ヶ月!!

皆様もお気軽にご参加下さいね♪

e0099756_201399.jpg

                               2007.1.31撮影


*人気blogランキング*
click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-31 19:37 | *メッセージetc.

澄みきった青空の彼方へ

2007.1.30

e0099756_20342015.jpg

ついに旅立ちの日。
今日は、まるでeizchanからkyonのためにプレゼントのような、真っ青で、
雲ひとつない暖かい朝。

どこかノンビリ屋の二人。。旅行かばんを車に積んでやっと実感!!
海外でのホームステイは、高校の夏休みのロス以来で、また学生に
戻った気分のkyonでした。

約1週間、イタリアのローマ・ミラノを観光し、そのままロンドンへ・・
2ヶ月余りホームステイし、英語学校に通いながら、ロンドンを基地に
あちらこちら飛び回るようです。

小さいときから仲がよく、eizchanの後にいつもくっついていたkyon。
きっと、eizchanがかつて一人で歩いたローマ・ミラノからロンドンetc.
を、今度は二人で一緒に仲良く辿るのでしょう!!

   ☆☆☆ 成田からkyonより

    送ってくれてありがとう!無事にチェックインできました。
    13:20に飛び立ちます。ローマの空港に着くのが、18時。
    日本時間で深夜の2時です。
    気をつけて、行ってきます(^.^)/~~




*人気blogランキング*
click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-30 20:32 | *kyon便り
2007.1.30

kyon旅立ちの朝。。
我が家の紅梅が3輪花ひらいた。

スピリチュアルな旅になりますように~

e0099756_7595363.jpg




*人気blogランキング*
Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-30 08:03 | *花・鳥

三つの宝~Tao タオ

2007.1.29

          恵比寿三越で
e0099756_22512412.jpg

 タオ--------------------------*老子   加島祥造 Shozo kajima 著 より

三つの宝                 

私の話を聞いた人はみんな言うんだ。
「えらくでかい話だけど
どこか間がぬけてるみたいだ」とね。
そう感じるのも、
私の話すタオが、本当に大きいからだ。
もし道(タオ)が小さなことだったら、
とっくにもう、
軽く扱われて忘れられているだろう。

私は
三つの宝を持っていて、それをとても
大切にしている。
その一は愛すること。
その二は倹約すること。
その三は世の人の先に立たぬこと。

私の言う愛とは
母の持つようなあの深い愛のことだ。
この深い愛があればこそ
人は本当に勇敢になれるんだ。
倹約とは、物ばかりでなくて、
道(タオ)のくれるエナジーを節約することだよ。
よく節約することで、人は
はじめて寛大に分けることができる。
このエナジーを蓄えて
先に立とうと争ったりしなければ
いつしか大きな器量の人間になる。

深い愛がなくて
なお勇敢に振舞おうとしたり、
蓄えもないのに
やたら気前よくばらまいたり
後にいることをやめて
無理に先頭に立ったりすれば、
これはみんな早いとこ
墜落することになるのさ。

深い憐れみと愛を持つものは
もし戦うにしても負けはしない、なぜなら
固く守って、待つからだ。
道(タオ)の力を宿す天は、
こういう深い愛で
その人を守っているのだよ。

****************************
eizchanが空の彼方へ飛び立った年の秋。。
風邪がもとで、それまで気を張っていたのがどっと崩れ、ひどい喘息
発作を起こして、病院に運ばれ、そのまま入院。
ベッドに横たわるなり、ずっとこらえていた涙は止め処もなく流れ落ち、
体は疲れきって、奈落の底に落ちていくような気がしました。
病院の担当医師は朝晩心配して訪れては、「ゆっくりして行きましょう!」
と、絶えず力づけて下さいました。

10日程して、ようやく退院。。
それから程なく、eizchanの大好きだった仕事の先輩の女性から、詩人、
英文学者、画家、そしてタオイスト・加島祥造先生の個展のご案内が
届きました。

まだふらふらする体でしたが、eizchanが病に倒れ、入院中にちょうど
出来上がって病室に届けられた本が、加島先生の「心よ、ここに来ない
か」(詩画集)で、しかもeizchanの先輩がレイアウト&装丁・・・これは
何としても、エイヤッとばかり出かけました。

日本橋の、落ち着いてゆったりした画廊の中に、架けられた一枚一枚。
タオの言葉やイェーツの詩、そしてインドの覚者ラジネーシの言葉だった
り、そこに水墨画風色彩をつけた、味わい深い、詩と画の素敵な世界が
次々と広がっていました。

若い方々に囲まれ、話の中心にいらした上品な、ロマンスグレーの方、
加島先生が、その輪からスッと立ち上がって、わざわざ私のほうに来て
下さいました。
eizchanのことは、うすうすご存知で、澄み切った美しい目でご覧になり、
「これからあなたの道を、ゆっくり見つけて行くんですね!!」と、心に残
る素晴らしい言葉をかけて下さったのです。

あれから、もう何年も立ちました。
自分の道を模索し、今はすっかり立ち直り、仕事に、そしてブログまで~
本当に忙しい毎日です。

これからも生かされていることに感謝し、
見果てぬ夢に~Go!!



*人気blogランキング*
one click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-29 22:13 | *書籍・TV

寒い朝・・

2007.1.29


久々に寒い月曜日・・
でも、頑張っていきましょう!!

e0099756_873194.jpg



*人気blogランキング*
one click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-29 08:09 | *メッセージetc.
2007.1.28

e0099756_18495554.jpg

今日は、明後日ヨーロッパに旅立つkyonが、「皆にご馳走するの!」と、
“グリル満天星”麻布十番に、家族と叔母を招待してくれました。

時々二人で訪れる、秘めたる美味しい洋食やさん。
昔からあるアオイスタジオ(1964年永田町から港区麻布十番に移転)の
真ん前の角にあり、気をつけないと通り過ぎてしまいそう。

螺旋階段を降りると、地下に入り口があり、こなれた色の赤レンガで覆わ
れた店内は、狭いながら色々なコーナーがあり、雰囲気のあるお店です。
朝の番組が終わってこの店を訪れた見慣れたキャスターの方々が居たり、
近くの家族連れ風、若いカップル、またお仲間、食通等々、時には行列
することもあり、店内はいつもいっぱい。人気があります!!

本格的なフランス料理のコック陣がつくる ビーフシチュー、ハンバーグ、
ハヤシライス、オムレツライス等、デミグラスソースは絶品!!
名物オムレツライス は、伊丹十三監督が、映画「タンポポ」を捩ってつけた
たいめいけんのタンポポオムレツと並んで、美味で懐かしいメニュー!!
お昼は、オムライスorピラフに、エビorカニコロッケorハンバーグを組合せ
て選ぶことが出来、2倍お食事が楽しめます。

イタリアに行ったら、誘拐されないように、お金は分散して持つように・・など
など、またロンドンでの生活についての祖母の矢継ぎ早の質問に、kyonも
嬉しそうに答えてました。
eizchanもキットニコニコ聞いていたかも・・・。ヨロシクネ!!



*人気blogランキング*
one click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-28 18:56 | *グルメ・お店

ありがとう・・

2007.1.27
 

   kyonのありがとうの花、まだ元気!
e0099756_1916343.jpg

  “ありがとう” いつからこの言葉が出来たんだろう。
  耳に優しく響くこの言葉・・・。

  先日ふと、「ありがとう、という心が~」と、ある若者の口から
  こぼれました。

  eizchanが去っていく前に、いつも、何とも言えない、いい笑顔で
  “ありがとう” “ありがとう”と、一人ひとりに声をかけていました。

  済生会病院にまだ入院している頃、外科部長先生が、私に
  語って下さった言葉が今も心に残ります。

   「すべてが感謝の心になりますよ!」と。

  1月後半退院して、5月14日まで約3ヶ月半。
  自宅での闘病の間、まさに先生がおっしゃったように、eizchanは
  窓から見える庭の、竹のそよぐ微かな音にも、暖かい春の太陽
  の日差しにも、紅梅の一輪一輪にも・・・人、物すべてに感謝の心
  を向けていきました。

  ありがとう・・・という心が、世界中を覆ったら、どんなに幸せな
  地球になることでしょうか。。


 

*人気blogランキング*
one click! Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-27 19:39 | *メッセージetc.

朝日に祈る・・

2007.1.27

         初デビュー!!
e0099756_831038.jpg



*人気blogランキング*
Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-27 08:34 | *祈り

ノンちゃん雲に乗る

2007.1.26

e0099756_1953982.jpg


かなり昔、『ノンちゃん雲に乗る』という映画がありました。
天才少女ヴァイオリニストと言われた、鰐淵晴子さんがノンちゃん役で、
エキゾチックで、天使のようなノンちゃんに、皆憧れたものでした。
私自身も日本人離れをした顔のせいか、友達からいつの間にかノンちゃん
と呼ばれ、、単純にうれしかったなぁ~

*****************
いまから何十年かまえの、ある晴れた朝のできごとでした。いまでいえば
東京都、そのころでは東京府のずっとずっと片すみにあたる菖蒲町という
小さな町の、またずっとずっと町はずれにある氷川様というお社の、昼なお
暗い境内を、ノンちゃんという八つになる女の子がただひとり、わあわあ泣き
ながら、つうつう鼻をすすりながら、ひょうたん池のほうへむかって歩いて
おりました。

そして、
ノンちゃんが氷川様のモミジの木に登ってひょうたん池に落ちる。空に落っ
こちたのである。
 
ここから物語が始まる。

落っこちた空はふわふわの雲で埋まっている。ノンちゃんはその中を泳いで、
髭のおじいさんの熊手につかまって救われる。雛飾りの高砂のじじばばのじじ
にそっくりである。テニスラケットのような雲靴を履いている。そこへあくたれ
坊主の長吉がやってくる。あさってから二年生クラスの級長になる予定のノン
ちゃんはここで負けてはいけないと‥‥。
*********************************** 松岡正剛の千夜三冊から

『ノンちゃん雲に乗る』の原作者・石井桃子さん。
戦前から翻訳に取り組み、有名なミルンの『クマのプーさん』始め、ドッジの
『ハンス・ブリンカー』、ガーネットの『フクロ小路一番地』、バートンの『せい
めいのれきし』や『ちいさいおうち』は、みんな石井さんの翻訳です。
創作童話にもとりくみ、デビュー作として発表されたのが『ノンちゃん雲に乗る』
でした。その後も、児童文学はどういうものであるべきか・・と、この問題の先頭
に立って純度の高い児童文学の提供に身をすりへらしてきた方でした。

いま、子供達の心に残る本は・・・??

朝、屋上でお洗濯物を干しながら見上げた雲に、ヒョッコリとノンちゃんが
現れたわけで~~



*人気blogランキング*
Thank you♪
[PR]
by takozchan | 2007-01-26 20:56 | *音楽・映画