光の旅人K-PAXから愛をこめて♪


by takozchan
カレンダー

<   2008年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

e0099756_19162499.jpg

2006年11月1日からスタートした当ブログも今日で丸2年となりました。多くの皆さまのお支えで何とかここまで辿りつきました。
昨日までの総アクセス数が89,384件。。気が遠くなりそうな数です(^^)
ご覧いただいた皆さまお一人お一人に心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

今後は、新たなるチャレンジに向かって少しUP数が少なくなるかと思いますが、のんびり繋いで行きたいと願っております。
これからも相変わりませず宜しくお願いいたします。     tacoroより  


             ぴーちゃんも元気よ♪今日はハロウィン♪
e0099756_19175398.jpg
         takochan軍団も健在で~す!
e0099756_2325519.jpg

[PR]
by takozchan | 2008-10-31 20:14

旧乃木邸&馬小屋

六本木交差点から東京ミッドタウンを通り越して、赤坂に抜ける乃木坂に沿って、旧乃木邸と乃木神社があります。ちょうど通りかかったので久々に寄ってみました。
乃木邸は明治12年に買い求め、明治35年に改築されたもので、この建物は明治19年にドイツ留学中、フランスの陸軍訪問の折にスケッチした連隊本部を参考に建てられているとのこと。乃木希典は、明治天皇大葬の日【1912(大正元)年9月13日】に、 この邸宅で静子夫人と共に殉死。
e0099756_19252011.jpg
e0099756_1926072.jpg
e0099756_19262849.jpg
e0099756_19265423.jpg
露将ステッセルから乃木将軍に送られた、アラビア産の名馬「壽(ス)号」とその子馬「璞(アラタマ)号」の馬小屋
e0099756_19272550.jpg
e0099756_19275939.jpg
e0099756_1929694.jpg
e0099756_19292046.jpg
e0099756_19293888.jpg


壽(ス)号とは・・
ステッセルの愛養するアラビア産の牡馬で、1905年(明治38年)日露戦争で旅順陥落・水師営の会見の際に、ステッセルより乃木希典が受領した白馬。乃木はステッセルの名に因み、この馬に壽号(ス号)という名をつけた。
壽号は受領当時は左前節に傷痕あり、ステッセルが戦線巡査中に砲弾が岩石に触れ、その破片が擦ったものであった。性質は極めて順良で、爆音にも驚かず、飛び越えも躊躇無く、故に乃木はこの馬を戦闘間にも常用したという。帰朝後は正式に手続きを行い自馬とし、凱旋大観兵式にも乗用した。壽号は種牡馬としても日本の馬匹改良に大きく貢献した。
[PR]
by takozchan | 2008-10-30 21:34
明神池を出たところで、事件が(。、)。。!!!
その夜はとり先生の講演会があり、時間的にかなり押してきたため、明神池からかなりハイペースで河童橋まで降りてきたのですが・・・河童橋近く、ハッと気がついたら一人足りません。
どこではぐれたのか、みんな青くなって携帯をかけたり、行きよりはるかに混雑している河童橋近くに目を凝らしました。携帯は何人かけても繋がらず・・(実はバッグ奥深くしまってあったようで) を探せ!!!(前日とり先生曰く、山に行くときは赤と黄色が一番遭難したとき見つけやすいんですよ~と。)
e0099756_9532864.jpg

そういえば、上下赤を着ていた「お嬢」・・・それッ、赤だ!と。。その時「見えた!!!」。。。。。河童橋を必死に歩く上下のお嬢が・・・明神池のトイレが2つあったため、上のトイレですでにみんな終わったと錯覚し、そのあと一人になったお嬢は、帰りコースとは違う、また元来た道をそのまま1時間半かけて河童橋まで戻ってきたのでした。
帰りのバスではその話で盛り上がり、ついにお嬢から西郷さん(最後さん)に名前変更と相成り~本当にお腹を抱えて笑わせていただきました。バスも帰りは順調で、諏訪湖で遅い昼食をとり、無事時間内にタッカーホールに帰り着いたのでした。
めでたしめでたし
e0099756_1003421.jpg
e0099756_9553120.jpg
e0099756_9561212.jpg
e0099756_958494.jpg
e0099756_1012245.jpg

[PR]
by takozchan | 2008-10-30 10:02
アルプス山荘から河童橋を抜け、テクテクテクテク・・・やっと着いた明神池。
ここまで訪れる人は少なく、静寂に包まれた神秘的な風景にしばし溶けこみ、サービス満点の
可愛いマガモショーに拍手喝采!
万歩計を計った方によると、往復で20,000歩過ぎたそうな。
e0099756_21372093.jpg
e0099756_21374847.jpg
e0099756_21381148.jpg
e0099756_21384845.jpg
e0099756_2140659.jpg
e0099756_21403962.jpg
イヨッ、白波三人男!
e0099756_21455895.jpg
だあれにしようかな~e0099756_2141266.jpg
          アレレェ~
e0099756_21415224.jpg

                             ボクもお魚とっちゃうョ~e0099756_21425484.jpg

[PR]
by takozchan | 2008-10-29 22:04
嘉門次小屋 は、猟師であった 上條嘉門次 の猟小屋を利用して建てられた山小屋。
明治24(1891)年、登山家 ウォルター・ウェストン がイギリスで出版した 『日本アルプスの登山と探検』 という本で、嘉門次は「ミスター・カモンジ」として紹介され、上高地の名山岳ガイドとしてヨーロッパの登山家の間で知れ渡ることに・・・・・ノスタルジーを感じる小屋です。イワナの塩焼き食べたかった!
e0099756_8191517.jpg

e0099756_823832.jpg

e0099756_829997.jpg
e0099756_830011.jpg
e0099756_8303754.jpg

[PR]
by takozchan | 2008-10-29 08:33
京都友禅の織物のような・・あまりの美しさにしばし見とれていました。
e0099756_23473556.jpg
e0099756_23382426.jpg
e0099756_23294477.jpg
e0099756_23441824.jpg
e0099756_23421943.jpg
e0099756_23333718.jpg
木々の生と死が混在しています
e0099756_23315599.jpg
e0099756_2332378.jpg
大きな木の根っこ
e0099756_23343870.jpg
e0099756_23351419.jpg

[PR]
by takozchan | 2008-10-29 00:00

kyonお疲れ~♪

e0099756_2093718.jpg

3月から、外資系企業に勤めていたkyonが今日で仕事ラストの日。
同僚は近くタイに行くとのこと。
外資はかなりハードだったので、しばし休養をとりたまえ(^^)
[PR]
by takozchan | 2008-10-28 20:10

夢追う人

e0099756_18304713.jpg
朝から青空が広がり、心地よい一日。
今日は、某放送局のディレクターと局近くのイタリアンレストランで打ち合わせがあり、車で初めて通用門から進入の初体験。
いつの間にか彼是4~5年の付き合いになり、いつも変わらぬ誠実な取り組み方に好感が持てます。
追う人を応援したい♪

ところで、私自身もソロソロ修了レポートに真剣に動き出さなければ・・・ネ\(^▽^)/
e0099756_18301767.jpg

帰りに六本木を抜けて、ミッドタウンに寄ってみました。
[PR]
by takozchan | 2008-10-28 18:37
e0099756_23203746.jpg

朝、山荘の前の川原に出て、眼前に聳える北アルプスの山並みを前に、夢ではないかと頬をつねりました。 
あぁ、むかしあの西穂の頂に登ったんだ!!!と、一人遥かに想いを馳せながら・・・
天気予想を覆して、なんと青空がのぞき、歩くにはちょうどいい気温。朝一番の散策はパスして、8時半から
河童橋~明神池まで約4時間の散策に出かけました。
明神池の静けさと紅葉の美しさ.....おまけに特別マガモショー付きで、奥地まで歩いたかいがありました。
永遠なる想い出の地・上高地にカンパ~イ!!!

山荘の前の川原から穂高連峰
e0099756_21144222.jpg
やはり川原から焼岳・・
e0099756_2116345.jpg
e0099756_21195085.jpg
かの有名な河童橋・・
e0099756_2121373.jpg
e0099756_21285861.jpg
e0099756_21313198.jpg
e0099756_21331813.jpg
e0099756_21343161.jpg
「アッ、岩魚(イワナ)がいる!」 とり先生曰く、「まだ小さいから食べたらアカン」
e0099756_21355227.jpg
e0099756_21524486.jpg
e0099756_21378100.jpg
e0099756_21391596.jpg
e0099756_2140106.jpg
つづく
[PR]
by takozchan | 2008-10-28 00:01
夕食後、木の温もりを感じる談話室に集合、とり先生こと上田恵介教授をお囲みして鳥のお話を伺いました。
頭にタオルを巻いた先生の出で立ちがなんとも素晴らしい!
地元の方々や学生たちも参加し、先生が世界を周ってとりためた鳥のスライドのご説明をいただきながら、
地元の学生からは、ここならではの雷鳥についての質問も飛び出しました。
e0099756_13375539.jpg
e0099756_13113717.jpg
e0099756_1312487.jpg

講義のあと、希望者でアロマオイル製作.....自分用か、愛する人へのお土産に♪
e0099756_134256100.jpg

先週は1℃だったという気温も、4、5度という温かさ。
程よい熱さの石風呂にスッカリ疲れを癒され、上高地の静寂の中に夜も更けていきました。
e0099756_12564132.jpg
 
[PR]
by takozchan | 2008-10-27 14:04